鼻水吸引器関連情報

HOME赤ちゃんに必要な鼻水吸引

最終更新日:2017/11/20

赤ちゃんに必要な鼻水吸引

こちらを見つめる赤ちゃん

赤ちゃんはまだまだ免疫力が弱いので、ちょっとした気温の変化や細菌でも風邪をひいてしまい、鼻水で鼻が詰まりやすくなります。さらに鼻の穴もとても小さいために、少しの鼻水で非常に苦しそうにします。大人は自分で鼻をかめますが、赤ちゃんは自分で鼻をかむ事は出来ません。そのため鼻の中で鼻水が詰まってしまい、さらに風邪を悪化してしまうほか、脳にも充分な酸素がいきわたらず、発達を妨げてしまう恐れもあります。
昔は赤ちゃんの鼻水はお母さんが直接口で吸引していましたが、お母さんが菌に感染するリスクもあるほか、力加減が強くて赤ちゃんの鼻自体に負担が掛かってしまう事もあり、今ではあまりオススメされていません。そんな今だからこそ、鼻水吸引器の必要性がじわじわと高くなっているのです。
そして今鼻水吸引器は電動タイプのものが非常に人気を集めています、電動鼻水吸引器はその名の通り電動で、しっかりと鼻水を吸い取ってくれる優れものになります。この電動鼻水吸引器は新生児から大人まで幅広い方が使用できますが、年齢に合わせて先端を変えることが出来るので、またそれも非常に便利ですね。ボタン1つで簡単に鼻水を吸引してくれるので、忙しいママからも重宝されているアイテムです。
しかし、免疫の弱い赤ちゃんによっても鼻の弱い強いはあります。鼻が弱くなく、鼻水が詰まってしまうのも時々だという赤ちゃんであれば、手動の鼻水吸引器がオススメです。手動鼻水吸引器はママの口から吸い込むものと、スポイトのような形のものがあります。ママの口から吸いこむものは、大人の吸引力でしっかり鼻水を吸い取ってくれるので粘り気の強い鼻水でも吸引できる優れものです。しかし、いくら鼻水を直接吸い込まないからと言ってもやはり空気から菌を吸い込んでしまうというリスクはつきもので、ママの感染予防としてはあまり機能していません。
さらにスポイトのような形の手動鼻水吸引器は先端が赤ちゃんの鼻の粘膜に当たってしまう事もあり、嫌がる子もいます。鼻水を吸引している時に赤ちゃんが非常に嫌がって、鼻の粘膜を傷つけてしまうというケースも考えられますので、その扱いは慎重に行わなければなりません。
電動鼻水吸引器は、耳鼻科にあるような吸引器のようなものが多いです。家庭用の電動鼻水吸引器はコンパクトなものが多く、お手入れ方法も簡単なものが続々登場しています。鼻が弱く、しょっちゅう鼻水を詰まらせている赤ちゃんや、中耳炎になりやすい赤ちゃんであれば、手動タイプの鼻水吸引器では無く、電動タイプの鼻水吸引器の購入をオススメします。

一覧はこちら

鼻水吸引器ランキング

TOP